専業主婦のキャッシングは30万円くらいが上限です

専業主婦はキャッシングが難しいと言われた時期もあります。しかし、それは少し前のことで、現在では銀行を中心とした金融機関が専業主婦向けのサービスを提供しています。ですから、利用しやすくはなったと言えるでしょう。しかし、借りる事のできる金額が小さいというデメリットはあります。これがネックとなって利用しにくいと感じる人もいるのです。

借入限度額については金融機関が独自に決めます。審査の中で決めるのが普通ですから、信用力の高い人なら多く借りることができます。とは言っても、専業主婦は自分自身に収入はありませんから、金融機関側から見れば信用力は低く見積もるのが普通です。そのために、限度額はあまり大きくならないのが一般的です。

では、具体的にはどれくらい借りることができるのでしょうか。一般的なキャッシングの場合には、銀行なら200万円から500万円くらいなら収入証明なしで借りる事ができます。このように広告には書かれていることが多いのですが、これは収入のある人に対する金額だと考えておくべきでしょう。

専業主婦キャッシングの場合には数十万円くらいです。例えば、日本で最大規模を誇る銀行の場合には、30万円が限度額となっています。ほかに銀行を探せばそれよりも多く借りる事ができるケースもあるでしょうが、最大手の銀行でこれくらいの水準になっていますから、だいたい30万円が上限だと考えておいたほうが良いです。それ以上借りるときには、夫に借りてもらいましょう。